【痛い】歯・歯茎が疼く原因・対策記事一覧

口内炎とは、口の中の粘膜に異常が起きて炎症を起こしている状態のことを言います。口内炎の原因は「体の疾患」によるものと「口の中の疾患」によるものの2種類に分けられます。体の疾患体の疾患だと、呼吸疾患、消化器疾患、肉体疲労やストレスが原因です。口の中の疾患口の中の疾患は、火傷や金属など不適合なものを入れている、間違った歯磨きなどが挙げられます。特に、間違った歯磨きは口内炎を引き起こす原因になります。間...

歯の痛みの原因と言えば、真っ先に虫歯を思い浮かべるでしょう。しかし、歯の痛みの原因は虫歯だけではなく、知覚過敏や歯槽膿漏、歯がかけたり割れているなども挙げられます。知覚過敏知覚過敏は、歯周病になっていたり、歯石を取るために歯を削ったりすると起こります。細菌感染歯の根元で細菌感染が起こったり、細菌が繁殖して腫瘍が出来る歯槽膿漏も歯の痛みを引き起こします。歯の強度歯がもろくなると、かけたり割れたりする...

間接的な虫歯の原因は、糖分の摂りすぎや歯磨きで正しいケアが出来ていないことです。しかし、根本的な虫歯の原因は、口の中にある細菌です。虫歯の原因となる細菌は、歯についた糖分を分解して酸と不溶性グルカンを形成します。そして、不溶性グルカンに住み着き、エナメル質の表面にあるカルシウムを奪っていきます。このようにして、体の中でももっとも硬いエナメル質で出来た歯を壊してしまうのです。虫歯の痛みを和らげる方法...

虫歯は虫歯菌によって引き起こされるもので、軽度から重度までその程度は異なります。虫歯の治療は大人でも嫌なことですから、虫歯が軽度のうちは放置してしまうという方も多いでしょう。でも、重度になってからの治療はとても大変で、なかなか完治しないので、とにかく早いうちに治療するのが一番です。脳梗塞を起こす虫歯菌虫歯を放置することは、単に虫歯を悪化させるだけではないのです。虫歯を放置していると、虫歯菌が血中を...

歯周病は、放っておくと歯を失うことになってしまう恐い病気です。日本人の成人は、約80%が歯周病になっていると言われていて、実は歯を失う原因のナンバー1でもあるのです。歯周病の原因は、歯垢に含まれる歯周病菌が、歯周組織を破壊させてしまうことです。つまり、歯垢が溜まると歯周病になってしまうのですね。だから、タバコ、歯並びの悪さ、詰め物の不適合、歯石などが間接的な原因となります。歯周病で起こる症状歯周病...

歯周病の初期段階である歯肉炎は、口内に住み着いている細菌によって作られるプラークが主な原因です。プラークとは歯垢のことで、これが歯肉を刺激するため、歯肉炎の原因になるのです。また、歯石が溜まっていたり、金属による刺激が原因になることもあります。歯肉炎で起こる症状状態歯肉炎の主な症状は、歯茎が腫れ上がったり、歯磨きをしたときに血が出るというようなものです。ただ、初期段階だと痛みが起こる症状がないため...

口の中にはたくさんの細菌があり、食べかすなどを栄養にしてどんどん繁殖していきます。この細菌の中に歯周病菌というのがあるのですが、歯周病菌が増殖するのが歯槽膿漏の原因と言われています。そして、この歯周病菌を増やし、温床となるのがプラークです。つまり、歯槽膿漏の原因は歯周病の原因と同じ、プラークなのですね。歯槽膿漏で起こる症状歯周病と原因が同じなので、歯槽膿漏の症状もやはり歯周病の症状と似ています。口...

人によって、歯の大きさや歯並び、口の大きさも違うものです。自分に合った歯ブラシじゃないと、磨き残しが出てしまい、口臭や虫歯、歯周病などの原因になります。だから、自分の歯や口にあった歯ブラシを選ぶことが大切なのですが、選び方は共通しています。まず、すみずみまで磨けるように、出来るだけヘッドが小さいもの雑菌の繁殖を防ぐため、乾燥しやすいもの毛が硬いと歯を傷つけるので、硬さは柔らかめか普通のものこれが、...

虫歯や歯周病を防いだり、口臭が発生しないようにするには、正しい歯磨きの方法を知ることが大切です。歯磨きをしていても、口内疾患が起こったり口臭がするなら、正しい歯磨きが出来ていないということです。ですから、正しい歯磨き方法をしっかり身につけましょう。歯磨きのタイミングまず歯磨きのタイミングですが、これは食べたら磨くことがポイントです。ものを食べると、歯垢の細菌が糖分を代謝して酸を作り出すので、歯の表...

虫歯予防とはいろんな方法が推奨されていますが、もっとも効果的なものとなると、やはり毎日の歯磨きでしょう。歯磨きは習慣になっているので、ついおざなりになってしまっている方も多いと思います。しかし、毎日することだからこそ、磨き方次第でとても効果的に虫歯を予防することが出来るのです。また、歯磨きをさらに効果的な虫歯予防にしてくれるのが歯磨き粉です。虫歯予防に効果的な歯磨き粉の選び方歯磨き粉の種類はいろい...

市販の歯磨き粉のほとんどには、研磨剤が含まれています。研磨剤は、効率よく歯の汚れを落とす効果があるので、多くの歯磨き粉に配合されています。研磨剤のメリットちょっと磨くだけでも、研磨剤によって歯のザラつきや多少の色素が落ちるのが、研磨剤入り歯磨き粉の魅力です。リーズナブルな歯磨き粉には、研磨剤が入っていると思って間違いありません。研磨剤のデメリット歯の汚れだけではなく、歯のエナメル質を傷つけてしまい...

歯を磨くときには、練状の歯磨き粉を使うのが一般的ですね。しかし、練状の歯磨き粉には研磨剤が含まれているので、ブラッシングをすると歯のエナメル質を傷つけてしまいます。歯の表面が傷つくと、色素が沈着しやすくなって歯が黄ばんだり、雑菌が入って虫歯になりやすくなってしまいます。液体歯磨きは研磨剤が含まれていないので、歯の表面を傷つけません。つまり、歯の黄ばみや虫歯などを防ぐ効果があるのです。また、歯の隙間...

虫歯を予防するには、毎日正しい歯磨きをしたり、プラークコントロールをすることが大切です。しかし、いくらきちんとケアしていても、虫歯になってしまうことがあります。虫歯菌はそれだけ強力なものなのです。そんな虫歯菌に効果的なのが、フッ素という成分です。フッ素は、歯のエナメル質を強くする成分で、虫歯菌に負けない歯を作ってくれます。つまり、虫歯の予防には欠かせない成分なのですね。フッ素配合の歯磨き粉の選び方...

キシリトールガムは、天然由来の甘味料で出来ています。人工的に作られる砂糖とは違う甘味なので、虫歯の元となる酸を発生させません。また、キシリトールガムの主成分となるキシリトールには、酸を発生させるミュータンス菌の働きを低下させる作用があることが分かっています。つまり、キシリトールガムには虫歯を予防する効果が期待出来るのです。こういった作用があることから、歯磨き後や寝る前にキシリトールガムを噛むと、虫...

乳児や子供にとって、歯磨きはとても嫌なものです。まだ、歯磨きをする意味が分からないので、歯磨きをしない、嫌がる乳児や子供はとても多いと言われています。乳児なら、少し押さえつけて歯磨きすることが出来ますが、子供となると、無理やり歯磨きをするのは大変です。だけど、歯磨きをしない子供は、当然ですが虫歯になってしまうので、適切な方法を見つけなくてはいけません。お遊び感覚でできる歯磨き方法嫌がる子供に歯磨き...

口腔ケアは、寝たきりの高齢者にはとても重要なケアです。寝たきりの高齢者は自分で口腔ケアが出来ません。なので、介護者がしっかりと口腔ケアをしてあげる必要があるのです。寝たきりの高齢者は虫歯や歯周病などの疾患が起こっても、自由に治療を受けることが出来ません。こういった疾患をそのままにしておくと、病原菌が血中に入り込んで、体の疾患が引き起こされることもあります。口腔内に歯垢がたまったりすると、それが気管...

TOPへ