【原因・治療方法】初期では自覚症状が出ない歯周病

しつこい舌苔、どうにもならない…?いいえ!除去しにくい舌苔にはこれ!
シュッとするだけ。即効で舌苔・口臭をケア!
▼詳細は画像をクリック!公式サイトへ▼


【原因・治療方法】初期では自覚症状が出ない歯周病

歯周病は、放っておくと歯を失うことになってしまう恐い病気です。

 

日本人の成人は、約80%が歯周病になっていると言われていて、実は歯を失う原因のナンバー1でもあるのです。

 

歯周病の原因は、歯垢に含まれる歯周病菌が、歯周組織を破壊させてしまうことです。
つまり、歯垢が溜まると歯周病になってしまうのですね。

 

だから、タバコ、歯並びの悪さ、詰め物の不適合、歯石などが間接的な原因となります。

 

 

 

歯周病で起こる症状

歯周病の症状は、出血や歯茎の腫れ、口臭、口内の粘つき、歯茎が紫色になったり膿が出るなどがあります。

 

ただし、初期段階ではなんの自覚症状もありません。

 

歯周病の自覚症状が出た時には、すでにかなり進行しているということなのです。

 

 

 

歯周病の治療方法

歯周病の治し方は、原因によって適した治し方がありますが、基本となる治し方はプラークコントロールです。

 

歯周病を引き起こす歯垢の増殖を抑える治療法は、正しい歯磨きの仕方や機能性の高い歯磨き粉の選択、デンタルフロスや歯間ブラシで行います。

 

この中でも、殺菌作用や歯垢除去効果が高い歯磨き粉を使うのは、歯周病対策にとても有効です。

 

 

以上、【原因・治療方法】初期では自覚症状が出ない歯周病についてご紹介しました。

 

他にも「【原因・治療方法】歯周病の進行で起こる歯肉炎」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【舌苔・口臭・歯】口腔トラブルを一挙解消!


TOPへ